読み放題サービスもあるパピレス

MON_6590.jpg

パピレスはパソコンの他にAndroid端末のスマートフォンやiPhone、各社タブレット端末で利用することができます。「MEDUSA形式」と書かれた本がモバイル端末対応済みです。パピレスの姉妹サイト電子貸本Renta!では、スマホやiPhone向けのアプリがあり、購入した作品を最大10冊までアプリ内の図書館に保存して読む事ができます。
また、電子貸本Renta!では「25ans」「AERA」「mina」などの女性誌10冊以上がチケット3枚で読み放題になるサービスが提供されています。モバイル端末でも読めるので、移動時間や休憩時間など軽い読み物がしたい時にたいへん便利です。

コミックリーダー


スマートフォンやパソコンで電子コミックを読む場合、ブラウザーで読む場合と何か専用の電子書籍用アプリを使う場合があります。コミックリーダーとはそういう電子コミック専用の電子書籍用アプリです。通常電子書籍は一般的で汎用の画像データなどでは提供されず、専用のデータ形式で提供されます。そのデータ形式も公開されていな事が多く、電子コミックサイトが専用のアプリを提供してることが多いです。それは著作権について保護している場合なども専用アプリで読む専用データの方が有利ですので、使い勝手について有利なだけではなく、著作権保護の観点からも多く使われています。


電子書籍の出版社

ハードウェアがタブレット端末、モバイルパソコン、スマートフォン、電子書籍専用端末のKindle、coboなど多様化し一般化することによって、電子書籍は徐々に普通のものになろうとしています。特に電子コミックについては結構、通勤時間の電車の中で見ている人を見かけたりするのではないでしょうか?大手の出版社についてはだいたい販売されている漫画は電子書籍で読むことが可能です。きっと、読みたい本がないということで困ることは、電子書籍媒体においてはないだろうと思います。その便利さこそが電子書籍の大きな利点だと言えます。


中古販売はお得

コミックの中古販売については今や盛んにに行われているので、コミックを入手する方法としては、確実に安く買えるので非常に有用だと言えるでしょう。しかし売却についてはかなり安いです。特にブックオフなどの大手古本チェーンに売却した場合ある程度値段がつくのは初版から1年以内のしかも人気作品に限られますので、たまってきた蔵書を処分しようと売却する場合はとても安くなっていると考えられます。また本の状態も細かく査定されほとんど新品の状態でないと良い値段では買ってくれません。このため客として買う時には有利ですが、売るときは一部状態の良い新刊以外はただ同然です。処分するといった感覚でしか手放せないと思います。今読むなら秘密の通学電車